修正作業が面倒になりがち

CADと比較した場合、手書き製図のデメリットとして顕著になるのは、作業効率があまり良くないことです。特に修正に関しては、ほぼ確実にCADより劣ります。手書き製図で修正が必要になった場合は、消しゴムを使って、必要ない線を消していかなければなりません。製図では線が重なることが珍しくはないため、消しゴムをかける際に必要な線まで消してしまって、書き直すという作業をしなければなりません。また、消しゴムを使ったとしても線が完全に消えるとは限らず、跡が残ることは多いです。そのため、何度も修正をすると、図面が汚くなってしまう恐れがあります。

さらに、図面を色々な角度から見たい場合、その都度製図をする必要があります。その点、CADであれば同じ図面をそのまま異なる角度で見ることができます。

どこでも手軽に製図ができる

手書き製図のメリットとしては、あまり場所を選ばない点が挙げられます。鉛筆と紙、そして定規さえあれば、ある程度の製図は可能です。技術力が高く、フリーハンドでもきれいな直線を引ける人であれば、定規さえ必要ないでしょう。したがって、建築現場などで、手軽に製図が可能です。CADのように専用の端末やソフトは必要としません。また、手書き製図は、設計の基本です。現代でこそ効率を求めてCADが選ばれることが多いですが、製図の基本的なことに関しては、仕組みがシンプルな手書きの方が学びやすいです。そのため、CADを使いこなす足掛かりになるという点も、手書き製図のメリットと言えるでしょう。

電気CADはオフィスなどに電気の回線を配備するときに、その設計をサポートしてくれる技術で、業者に委託することができます。