良い製図をするポイント

製図では第一に正確さが求められます。設計した意図が現場の製作者に伝わるように、分かりやすく書くことも大切です。良い製図をするために、正面図に集中して寸法を配置することが大きなポイントです。正面図には書けない寸法のみを、他の角度から見た図に入れましょう。正面図に既に書いた寸法は別角度の図には入れないよう注意してください。手書きの製図では紙をずらさないようにテープで固定すると書きやすくなります。また製図では線の太さで仕様が変わるため、普通線用と太線用に芯の太さの違うシャープペンシルを用意しましょう。

CADとは?手書き感覚の設計ツール

CADはコンピューター上で製図を行えるシステムソフトで、あらゆるものづくりの現場で導入が進んでいます。2次元を扱う2DCADと3次元を扱う3DCADがあります。特に2DCADは平面上に手書きで製図をするやり方をそのままコンピューターで行えるので、初めてCADを使うという人にも比較的使いやすいのが特徴です。

CADを導入するメリット

CADはコンピューター上で製図するため、修正がしやすいというメリットがあります。手書きでは定規を当てながら消しゴムで線を消すのが一般的ですが、消さなくてもいい部分を消してしまいがちです。CADでは修正はワンクリックででき、線の太さも設定すれば誰でも同じ太さの線が引けます。また複数人で図面を共有できるところも便利です。CADの中にはスマートフォンでデータを共有できるものがあり、設計者と現場の製作者が離れた場所で同時に図面を確認できます。素早い修正や確認、共有で時間短縮につながることがCADを導入する大きなメリットでしょう。

水道CADは、トイレや浴室、台所などのリフォームを専門とする業者の他、水道の保守点検を行う自治体や民間企業の間でも普及しています。